TIRE WATCH・タイヤウォッチ・タイヤ管理システム・TPMSセンサー・レーシング用・乗用車・トラック・バス・開発・製造・販売

ホーム 製品一覧 取扱店舗・代理店 会社概要 お問い合せ
ニュース一覧 イベント情報
タイヤの空気圧・温度をリアルタイムにモニタリングする
TPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)装着の利点
  • タイヤトラブルの早期発見と原因究明
  • タイヤ管理工程のデータ化、効率化
  • 車両空気圧の遠隔管理
  • タイヤの偏摩耗防止と寿命の延長
  • 燃費向上(CO2削減)

弊社の”TIRE WATCH”は、タイヤの空気圧・温度を適正な値に保つことを支援するシステムです。
タイヤの空気圧を常に監視するTPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)は、すでにヨーロッパや北米で装着が義務付けられています。
TPMSは世界各国で装着の義務化が進み、急速に普及している車両関連装置です。

タイヤの空気圧・温度が設定した閾値を超えると、ディスプレイ表示(数値、LED)と警報でお知らせします。

アンテナ配線不要、完全ワイヤレス型
LDL社製TPMSセンサーを使用していれば、初期登録のみでIDの自動認識が可能
タイヤローテーション時はパソコン上で簡単設定/ 専用機器を使えば、さらに簡単に設定可能
最大24輪まで対応可能
ディスプレイ電源シガーライター(12V・24V)
タイヤ内センサー取付は、エアバルブを使わないワイヤー装着(多種多様なホイル形状に対応 / バルブへの操作が不要で、エア漏れのリスクがない)
設定画面イメージ
設定画面イメージ
部品取付イメージ
部品の取付イメージ
  • 市販用タイヤ空気圧モニタリングシステム
  • レース用タイヤ空気圧モニタリングシステム
  • トラック・バス用タイヤ空気圧モニタリングシステム
  • 取扱店舗・代理店
  • カタログダウンロード
  • Youtube
  • 会社概要
  • お問い合せ